ある意味テーマパーク

どこかのお偉い学者さんが「天国はバリエーション少なくて(研究材料としては)つまらないけど、地獄はバリエーションに富んでてテーマパークみたいで(研究するには)面白い」と講演でいってたとかいわないとか。

 

よく「ウソをつくと閻魔さまに舌を抜かれる」というけれど、本当に舌を抜く地獄があるだけでなくて、その舌を引き延ばすだけ引き延ばして牛に踏ませる地獄があったり、屎泥処という煮えたぎる何がしか(字面で想像しましょう)につっこまれ煮込まれる地獄があったり、煮えたぎる赤銅につっこまれ煮込まれる地獄があったり、そんなのが亡者の罪に応じて272もある。八つの地獄にそれぞれ十六小地獄があり、その小地獄にそれぞれ罪状に応じて細かく分類された地獄があって、それが全部で272。しかしよう考えたよね。中には「これ、どう考えても私怨だろ」みたいな地獄もあったり。

 

何千年もの間責め苦を受け続け罪を償う場所が地獄なので、もちろんそこにいるのは罪人であり亡者。だから「いくらひどいことをしても死なない」。そのあたりは鬼灯もよく心得ているようで「現世の人間は死ぬからうかつに手出しできない」とかいう。そんな発想するこの人(というか鬼神)が怖い。

私はゲームはしないけど、こういうゲームあったら案外ウケるんではないかと思うけど、どうなんだろう。

 

 

鬼灯の冷徹(27) (モーニング KC)

鬼灯の冷徹(27) (モーニング KC)

 

「子供も育てたことないション便たれのガキが!!」といわれれば

「もうじきテメーのほうがション便たれになるだろーが、じじい!!」と返す。

地獄の亡者が反乱を起こして屁理屈こねれば、フルボッコで叩き潰した後、同じ拷問を獄卒にも課して「来週テストします」と言い残す鬼灯。

 

鬼灯の冷徹(12) (モーニング KC)

鬼灯の冷徹(12) (モーニング KC)

 

 教えて!ミキちゃん&ブラザーズも登場。

パペットで

「やあ、みんな。気持ち悪いと絶賛の似髷虫だよ。

僕の特技はまじめで努力家の女性に乱暴した奴の尻から内臓に潜り込み脳から出てくることだよ。」

とファンシーに自己紹介されてもな…、なシーンがあったり。

なかなか愉快です。

しかもこの似髷虫、頭が釣り針のように曲がっていて、尻から内臓に潜り込み脳から出てくる道すがら毒まで吐くという逸材。

テーマパークの住民はなかなかの逸材揃い。

 

 

 

目には目を、ハニワハオ

豆ばばと豆父には本当に翻弄され疲弊させられ、その気持ちをブログにぶつけ続けていたら、あにはからんや

「豆父面白い!」

と予想斜メ上の反応が返ってきて、

「何でじゃ!」

と思いつつ、何となし芋掘りのように記憶を掘り起こして

「あんなことあった、こんなことあった」

と書き続けているうちに、あらかた書き尽くしてネタが尽きて、何か面白いことしてくれないかなあ、と思っていたら死んでしまった豆父。

ちなみにブログで豆父のネタを書きまくっていた頃、豆ばばは他界していたので、まさに私はブログに死人の悪口を書きまくっていたわけだけど。

 

はてさて。

豆ばばと豆父に関しては、今までわりと笑えるほうのネタばかり書いていた。

だけれども。今までブログには一度も書いた記憶がない、豆母は豆ばばと豆父からDV を幾度となく受け続けていた。体への暴力はもちろん言葉の暴力など、法に触れない程度にあらゆる悪行をやりつくした豆ばばと豆父。

 

豆父がグレてしまった理由は豆ばばにあるのだけど、それはとりあえず今回は省略。しかし理不尽なことに変わりはなく、その理不尽なDVを受け続けた母が中学生の私に愚痴をこぼし続け「二人で家を出ようか」といっていたのも何度あったか分からない。

 

円形脱毛症で結構な面積の毛が抜けたり、豆ばばが他界してからも長年蓄積したストレスのせいで甲状腺機能障害になるなど、なかなかストレスフルな半生を歩んできた豆母。私が一人っ子ということもあるけど、何より父との縁が薄くなったのはこういうことも関係しているかもしれない。何しろ、四十九日が終わった後、半ば冗談で、

「いい子供でしょう」

といったら、

「うん、いい息子」

と返ってきたあの瞬間。私は絶対忘れない。生涯ネタにしてやろうと思っているし、認知症でボケたらネタにしてやるから覚悟してボケてくれと言い含めてある。

 

まあ、そりゃあおいといて。

そんなことがあったので、今でこそ頻度はかなり少なくなったものの、豆母の口からはちょいちょい豆ばばと豆父への恨みつらみが口をついて出る。

気持ちとしては分からなくもないのでつきあいはするのだけど、あまりこういう記憶を繰り返し話題にして、脳みそに繰り返し刷り込むこともあるまい、という理由から、

「あれはああいう生き物。宇宙人。悩むだけ時間の無駄」

といって、なるべく話が続かないようにブロックしていた。

(ただしそのブロックをかいくぐりしばらくするとまた同じ話をしだすのが豆母)。

私が豆母の愚痴を聞かなくなったら、母友にこぼすようになってしまい、それはそれで弊害がないか?と少々心配もしているのだけど、愚痴をこぼしている相手も豆ばばにそこそこ煮え湯を飲まされていたので、まあまあ話が合っているようで、よかったよかった。いや、いいのかそれ。

豆ばばの過去の悪行をしっている母友は、言葉に遠慮がないという(私との)類似点があるせいか、家族である私の目の前で遠慮会釈なく豆ばばを「妖怪」といい、「宇宙人なんてかわいいものじゃない」と言い放つ。

なので彼女と私の間では、豆ばばは「宇宙の妖怪」ということで結論が出ている。

 

なかなか本題に入れないけど、つまり、ついこの間もそんな話が出てきたのだ。豆母の口から。

尾てい骨が痛い、という話から始まり、「昔お父さんに蹴飛ばされた時、息が止まるかとおもったくらい痛くて」という話にいき、果ては「夜中寝てたらいきなり蹴りを食らわれされた」という話に展開していったので、

「そしたら股×を蹴り潰してやればよかったのに」

と返してしまった。

 

おかしいな。

中学生の頃は「お父さんひどい!」とかいってた気がするのに。

どこでこうなった今現在の私。

蹴るならまだしも。潰すて。

 

鬼灯の冷徹(29) (モーニングコミックス)

鬼灯の冷徹(29) (モーニングコミックス)

 

 という話の流れから再び登場するこのマンガ。

これ読んでたせいかな、と思ったけど、どうなんだろう。それだけでもないような気がしてきた。

 

大昔、小学生の頃、帰り道で同学年の悪ガキに絡まれていて、結構ムカついてたし面倒と思っていて。

ある日ウシガエルの干物を投げられ、それがランドセルに当たり、そこそこムカついたので投げ返したら悪ガキ二人が青ざめて、それから一切手出ししなくなったけども。

確かこのネタ、前ブログに書いたな。

今なら、どうせ投げ返すなら顔を狙う、とか何とか。

それから何年経ったかしら。

今ならかえるせんべい二つに割いて口に突っ込む。

 

鬼灯の冷徹(28) (モーニング KC)

鬼灯の冷徹(28) (モーニング KC)

 

 

獄卒の芥子ちゃんは真っ白くてフワフワのかわいいウサギ。

かちかち山のウサギなので因縁があるタヌキを心の底から憎み、タヌキの「タ」すら口にできないタヌキ嫌い。

そんな芥子ちゃんが、タヌキの信楽太夫と出会って、顔を赤らめもじもじしながら「お友達になってください」と告白する話はとてもなごむ。

 

 

和解といえば。

カイロの先生が、子供の頃悪ガキ仲間とよくつるんでていて、悪ガキのボスに「あの子の背中に蛇いれてこい」といわれ「逆らえないから」という理由で本当にそのターゲットにされた女の子の背中に蛇を入れて、その日の晩にそのターゲット娘の親からクレームが入り、大先生に連れられ、ターゲット親娘の前で父ちゃんから脳天フルボッコにされたという話を、「先生から」聞いたことがある。

「空気読まないと後でハブにされるからやらなきゃならなかったんですよ」

というのが背中に蛇を入れた理由らしい。

分からなくもないが同意する気もなかったので

「ターゲット娘さんにそれいって納得してくれるとは思えないですけどねえ」

と返しておいた。

 

先生はそろそろ還暦を迎えるお年頃で、お二人とも地元に住んでいるので、ごくたまに道端でばったり会うこともあるらしいけど、ターゲット(昔の)娘からは視認した瞬間そっぽを向かれガン無視されるらしい。そりゃそうだろうな。


話の〆に

「いつかあの人と「あの時あんなことがあったわね」って笑い話ができる日が…」

とかぬかすので、

「絶対来ません」

と夢を打ち砕いてきた。

 

地獄よいとこ一度はおいで?

アマゾンで本を買うと、それをもとに「こんなんあるで」といろいろおすすめされたりする。

買う時もあるけど、スルーする時もあって。

猫の下請けの哀しい性か、猫が絡んだ妄想系猫マンガはわりとすぐ手が出てしまう。

 

 猫が人間サイズになってモミモミしてくれる、猫好きの夢と妄想が詰まったマンガ。

中村猫整体院 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

中村猫整体院 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

 

 さらに、

 

拾った時はふつうサイズの子猫が、

デキる猫は今日も憂鬱(1) (ワイドKC)

デキる猫は今日も憂鬱(1) (ワイドKC)

 

 人間サイズに大きく育ち、家事全般をプロフェッショナルにこなすデキる猫になるマンガ。

飼い主は「家事力と包容力の権化」っていってるけど、諭吉は結構ツンデレ。 

諭吉がほしい。

いや、マジで。

 

猫の諭吉もほしいけど、

カモン諭吉

カモン諭吉

 

 こっちの諭吉でも可。 

 

 ブラック企業の社員が、残業続きの果てに、ある朝目覚めたら猫になっていた。

Gじゃなくてよかったね。

いや、そうじゃない。

 モフ田くん、逆玉の輿に乗ります。

 

ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話2 モフ田くんの場合

ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話2 モフ田くんの場合

 

スコさんの逆玉具合はモフ田くんのさらに上。

 

 

さて、「地獄」の話。

いちおうこの話、神さまは出てくるけど、どうみても小学生だったりおじさんだったりで、日がな一日家でゴロ寝してテレビ見てマンガ読んでゲームしたり、買い物頼めばよけいなものかってきて家主(ヒト)に叱られて、どうにも威厳がない。

 

この二人の神さまを訪ねてくる他の神さまも、好き勝手ばっかりやって、家主(ヒト)から妖怪扱い。

 最初こそびっくりされたりビビられたりするものの、しばらくすると慣れてきて、あまりの放埓さに叱り飛ばされたり、おつかいを頼まれたり、粗相をすると叱られたり、顎で使われたりする。威厳とはいったい。

 

 キリストとブッダが立川に住んで楽しく同居生活。

大英博物館に展示された作品。

BBCで英国王室をおちょくるお国柄だけある。

 イスラム教はスルーするんかい、とウィキにツッコまれてたけど、天使たちがアイドルになったあたりから結構ノリツッコミが暴走し始めた感があったから、イスラム教まで出したら収集つかなくなる気がする。

 

アマゾンにおすすめされて数年放置してたんだけど、きまぐれで読んでみたら、奪衣婆のヘアヌード(自費出版)と鬼灯のドSっぷりにに心を掴まれてしまった。 

 神さまの威厳もなければ、鬼の脅威も怖さもなくて、みんな楽しくやっている。

たとえ楽しそうでもいきたくはないけど、しかし、何だか楽しそう。

 

粉からホットケーキを作る

ホケミに頼らず粉からホットケーキを作ってみた。

思ったよりサックリで思ったよりふっくら。

 

<材料>1人分

薄力粉  90g

ベーキングパウダー(または重曹)  小さじ1

卵 1個

砂糖 20g

バター、またはマーガリン 大さじ1

プレーンヨーグルト(乳清の部分)+牛乳  65ml(比率は適当。乳清だけでも可)

 プレーンヨーグルトがなければ牛乳のみでも可

バニラエッセンス(あれば)  適宜

 

<下準備>

薄力粉とベーキングパウダーはあわせてふるっておく。

バターはレンジで溶かしておく(10秒くらいずつ様子を見ながら溶かすと爆発しません)

 

<作り方>

①ボウルに卵と砂糖を入れてもったりするまで泡立てる。

②①に溶かしバター→ヨーグルト+牛乳→バニラエッセンスの順番に入れて泡だて器でよく混ぜる。

③下準備でふるっておいた粉類を3回にわけて混ぜる。練らないように注意。

④フライパンを温めてバター(分量外)を溶かす。

バターが溶けたら、濡れ布巾の上にフライパンを置いて熱をとり、③のタネの半分を入れて丸く形を整えたら、弱めの中火にかけフタをする。

⑤中火で4~5分焼いたらひっくり返して2分焼いて出来上がり。

(ひっくり返すタイミングは、表面がふつふつ泡が出てきて膨らんできたら)

⑥お皿にあけ、バター、はちみつなど好みのものをかけてできあがり。

 

写真は後で載せます~。

 

 

何かしょうもないこと思いついたんで書いたみた

吾輩は、宇宙人である。名前は山田太郎。実に平凡な名前だ。
実に平凡な名前ではあるが、中の人は平凡ではない。地球人ではないからだ。

 

地球人が宇宙人に対して抱いているイメージは、ヒト型のものもあれば、タコ型のもの、あたまでっかちで銀色でぬらぬらしたグレイと呼ばれる型のもの、あるいは凶暴な爬虫類などいろいろなタイプがある。それらはすべて想像の産物とはいえ、彼ら地球人が描く我々宇宙人の姿は当たらずとも遠からずといったところか。もちろん中にはヒト型の宇宙人もいる。

 

だが、僕、山田太郎はヒト型ではない。タコ型だ。
理由は明快。隣の火星から来たからだ。
そう。地球人が描く火星人の姿はタコの形。初めて見た時は正直ビビッた。
あいつら、僕たちに遭遇したことなどないはずなのに、何故僕らの姿を知っている。想像の産物?冗談だろう。衛星中継でもしたのかってくらいよく似てる。火星探査機が火星に着陸したのだってつい最近の話だ。何故。

 

取り乱してしまった。

 

地球調査員の火星人は地球上にいて、僕、山田太郎が担当しているのは日本の10代男性の生態調査。10代男性の調査なら10代女性に化けるほうがいいような気がするが、その役目は金星人が担当している。ちなみに金星人の調査員の中には某大手タレント会社に在籍するアイドルが多数いるのは宇宙人の間では周知の事実。
金星人はヒト型なので変装は必要ないが、我々火星人はタコ型なので地球で調査活動を行う時は変装は必須である。変装しなければ築地市場で売られて刺身にされるかタコ焼きにされるのがオチである。
宇宙人が地球人に化けるなど自由自在と思われているむきもあろうが実際は違う。
我々が地球人に化ける時はキグルミを着る。

 

日本の男子学生は、トイレを使う時、大、つまり個室を使うことを避ける傾向がある。
いや、避けるというより、むしろ恐れているといったほうがいいかもしれない。
学校で個室で用を足した男子は、同級生男子に発見されるやいなや、学校中にその事実をいいふらされ、からかわれ、さげすまれ、ネタにされる。彼の学校生活は恥辱にまみれた数年間となることが、その瞬間確定する。なかなか厄介だ。そういうことを抜きにしても、キグルミで用を足すのはなかなか面倒。よって、僕はできるだけ学校という場所で用を足すことがないよう、ずっと気をつけてきた。
だが、ある日のっぴきならない事情により、禁を犯さねばならぬ時がきてしまった。緊急事態を回避すべくトイレに向かう僕。そして、それを目ざとく見つけ僕の後を追う同クラのやんちゃな男子学生。
そんなことなど毛ほども気づかず個室に入り、大慌てでキグルミを脱ぎ、緊急事態を回避して安心した心持で宙を仰ぎ見ると同級生の顔がある。

 

奴はきっと、生涯忘れ得ぬものを見たに違いない。
個室を上から覗いて目撃したのは便座に座るタコ。足元にはヒトの皮。
奴の口から悲鳴が漏れ出るコンマ1秒、僕が奴の口をふさぐのが早かった。
奴の口をふさぐのと同時に個室に引きずり込み便座に座らせる。
奴が1秒でも早く落ち着くように、奴の背中をさすり、肩を撫で、頭を撫でる。
落ち着かせようと思ったのだが、どんどん奴が青ざめていくので、逆効果だったかもしれない。

 

仕方がないので、場を和ませようと思い、奴の目の前で
「コマネチ!」
かましたが、固まってしまった。
すかさず僕は次のギャグをかますためドアを開け、ダンディ坂野よろしく
「バイ」
と個室を退場。
5秒後、耳をつんざくような阿鼻叫喚が聞こえた。

僕、山田太郎はその日を最後に地球調査員としての職務を退いた。

 

バカは死んだら治らない

スマホ中毒とはよくいったもので。

ほぼ片手で収まるサイズのくせにパソコン並みにそこそこ使えて、アプリ入れれば音楽やら映像やらまで見聞きできてしまうのって、便利過ぎて困ってしまう。

うちに来るお客さんでちょいちょい聞くのは、暇さえあればゲームしてる(それも中高年の「高」のほう)という話で、私も例にもれずやってたクチだけど、途中で「これはあかん」と思いアプリを削除。

でも、マンガアプリ入れてしまったから、ある意味今同じ沼にはまり中。

 

こういうのでいいな、と思うのは、おそらく「買う」選択肢のみだった時よりも出会う作品の間口が広がること。

いかんな、と思うのは、ちょっとした空き時間をこういうもので食いつぶしてしまうこと。マンガを描いてる職業の人たちの食い扶持を潰しているのかもしれないな、という罪悪感。

 

豆ばばの葬式が終わった後、玄関をカギでガチャガチャ開けようとして、なかなか開けられず苦戦してたオバケの話を、前に書いたような、書かなかったような。

そのカギには鈴がついていて、その鈴の音は、生前豆ばばがカギにつけていた、ややデカくてガラガラとうるさい音をたてる鈴の音そのものだったとか。

そんなことがあったわけですが。

その時、「オバケってのは壁とかスルーして入れるんじゃなかったっけ」と思ってて、人に話す時もそんなふうにオチつけて話してた記憶が。

だってそうでしょう。

ともすれば人様に憑けるクセに壁や玄関がスルーできないってどういうこと。

と思っていたら、この本に「幽霊は壁とか通り抜けられない、開いた窓とか玄関から入る」と書いてあった。

 ↓この本。っていうかこのシリーズ。

強制除霊師・斎 疫神 (ぶんか社コミックス)

強制除霊師・斎 疫神 (ぶんか社コミックス)

 

 ネタがネタなんで、ちゃんと毎回めっちゃ怨念背負ったオバケが登場するけど、あまりこわくない。たぶんのこの斎さんがドSで容赦ないからだろうな(- -;

このテの話は「えー、どこまでホントさあー」と思ったりするんだけど、「壁抜けできない」のくだりで「ああ、なるほど」と思ってしまった。だって、豆ばば、ホントにカギ使ってたもん。なのに入れなかったもん。

 

「バカは死ななきゃ治らない」とよくいうけれど。

これ読むと「バカは死んだら治らない」ではないかと思う。

生きてるうちならバカを治す見込みはあるけど、

バカのまま死んだら、そのまんま。

だから生きてるうちにがんばるしかない(- -

 

まあ、そういう説教臭い話はおいといて(- -

 

この斎さん、実在するらしく、今は乳がんで闘病中らしい。

そして、無類の猫好きで、家に10匹の猫がいるスジガネーゼな猫好き。 

  

 

こっちもオバケはたくさん出てくるけど、何だろう、とても明るい。

憑かれてる人と憑いてるオバケが明るくボケとツッコミをしながら生活しています。

(いや、本当は憑かれてる人が片思いをしてて、オバケたちがそれを応援してる話。なんだが、私の目にはどうしてもこれがボケとツッコミに見えてしまう…。)

 

おしどりはとりだけど

運命の人、というと実に安っぽい言葉だけれど、

チビの父猫・母猫の若かりし日々のエピソードを聞くたび「運命の人」(いや、この場合、猫)という言葉を思い出す。

 

f:id:seitaimamenoki:20180909184840j:plain

よりにもよってケンカの後でボロボロの画像を貼ってしまった。

こうして見ると、ホント模様以外は似てないな、うちのチビ。

でも、庭猫の欲目だとは思うけど、パパはカルカンの猫に似てると思う。そこそこ男前だと思う。

f:id:seitaimamenoki:20180909185047j:plain

の奥方。

うちに来た頃は庭にほぼずっといたけど、若かりし頃は、神社のほうから毎朝パパがヨメちゃんを迎えに来て、ヨメちゃんがいると一緒に神社のほうへ戻り、いないと一匹でトボトボとしょんぼり帰っていく姿を近所の奥さんたちに毎朝目撃されてたらしい。

この2匹がいた頃、うちの近所は見事にブチ猫だらけだった。今じゃ野良猫なんてほとんど見かけない。

フツー、猫って発情期の度に相手を変えるんじゃないの、と思っていたけど、この猫夫婦(あえてこう呼ぶ)の話をすると、まず相手を変えないことに驚かれる。

そしてこの2匹の子煩悩っぷり。

チビを家猫にあげたら、きっとすぐ次の子猫ができるんだろうな、と思っていたら。

チビがいなくなって(いや、うちにいるけれど)、2匹とも一気に老け込んだ。

毛並みはボサボサ、白い毛色が何となく薄汚れてる。一日に幾度となく台所に息子猫の様子を見に来る。ジャマにするどころか我が子を案じてる。

 

以来、この夫婦猫は、私の理想の夫婦になった。

(理想の夫婦、ヒトじゃないんかい)。

 

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

 この本読むとチビの父猫・母猫を思い出す。

この夫婦猫にとって、お互いがこんな感じだったのかな。

 

運命の人

運命の人

 

 動画を貼り付けるといろいろ大人の事情があるらしいので(歌詞の引用も)、今後はこんな方針で(- -